スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



さようなら国立駅舎

2006/10/08 20:09
実家の地元にあるJR中央線の国立駅駅舎が今日いっぱいで見れなくなる。
え?だからどうしたの?と思われがちだが、大正時代に建てられた
木造の赤い三角屋根の駅舎で、原宿駅に次ぐ古い建物なのである!
国立市のシンボル的存在でもあり、市民に親しまれていたのだが
JR中央線の連続立体交差事業の高架工事に支障をきたすということで、
駅舎を駅前ロータリーの真ん中にある公園?へ駅舎保存という説も
あったが、最終的には解体することになったというわけ。
(解体した部品等は保管されるらしい)
解体を前に、昨日(10/7)は記念撮影会もあって1000人くらいの市民が訪れたとか(驚
(読売新聞の記事)

連休ということもあり実家へ帰省していたので、国立駅へ行ってみることにした。
国立駅前に着いてみると…、いるいる駅舎との別れを惜しむ人たちが。
国立駅駅舎をバックに写真を撮る人たち-その1
国立駅前ロータリー周辺のいたるところで、カメラや携帯で駅舎を
撮っている姿が目に入る。

なかでもびっくりしたのは、駅前ロータリーの中心にある公園に人がいたこと。
最後の夕日を浴びる国立駅舎

そこは普段人が立ち入ることのない場所で、立ち入るにもロータリーの
まわりを走る車を交わさないと行けないなのだが、駅舎の写真を撮る
絶好の場所ということもあって、皆強行突破をしたらしい(笑

というわけで、早速我がファミリーも強行突破して公園へ行ってみた(爆
ロータリー中央の公園から見た国立駅舎

確かにここから撮る駅舎は素晴らしい!駅舎をスケッチしている人もいるほど!
国立駅舎(ちょっと暗いけど…) 国立駅舎をスケッチする青年
読売新聞の記者も公園内いたのだが、記念撮影している風景を
撮らせてくださいとお願いまでされた(笑

次に駅舎の中へ行っていると、駅売店のキヨスクも閉店作業を進めていた。
閉店作業を進める国立駅南口キヨスク

国立駅舎解体ということが、どれだけ大きなことかと実感してしまう。
なんせ駅舎からロータリー中央の公園を見てみると…。
駅舎を撮る人たち(笑
普段ではありえない光景に笑ってしまった(;^_^A

帰り際、実家に帰る途中のNTTの建物で国立駅舎展をやっているとのことで、
そこにも足を運んでみた。
携帯ショップで開催されていた国立駅舎展 国立駅舎展内の様子

普段何気なく目にしている光景の写真なども展示されていた。
何気なく見ていた駅舎の裏側(国立駅下りホーム)の写真も…
これだけ市民に愛されている駅舎なのに、解体に至ったと思うと少し悲しいかも…。
いつか復元されることを願うのみである。
スポンサーサイト



← 安っ! | Home | 一難去って… →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

なくなるという噂は耳にしていたけど
それが現実となると、かなり元市民としては
寂しいなぁ~v-206
どんな風に変わるか気になるけど…
写真がいっぱいで見ごたえあったよ☆



駅舎がついに解体されるんだね。。
国立のイメージも変ってしまうのかな。。?
ホント復元はして欲しいですね。



管理人より

>みなりん
 確かにどんな風に変わるかは気になるとこだよねー。
 駅ビルができたとしても、変わり映えのない普通の駅
 って感じだろう…。(まあ駅ビルはないと思うけど(;^_^A )
 なかなか見ごたえあったっしょ?(笑

>クレスちゃん
 イメージはだいぶ変わるだろうねぇ…。
 中央線を高架化する上でどうしようもないんだろうけど、
 市民の気持ちをもう少し考えてほしかったよねぇ…。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。