スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



GW北東北旅行記 - 5/2(月) 津軽半島へ(五能線追っかけ編) -

2012/06/05 23:56
5/2(月) ※

日本海、白神山地付近の「森山荘」から、おはようございます

※このブログは、2011年の内容です。(書き始めた日付:2011/07/25)

旅行2日目の朝を迎えた。天気は今のところ雨は降っていないが
空色からしていつ降ってもおかしくない様子。

実は今回、旅行に来たときとしては珍しく早起きをしたのだ。
理由?それはもちろん…。

7時過ぎ、急いで着替えて一人森山荘を出る。
そして五能線の踏切付近へ…。
やってきました素晴らしい景色
森山荘付近、五能線の踏切近くから眺めた素晴らしい日本海の景色♪(1つ前の記事の写真は実は今日(5/1)撮ったやつw)

昨日、車からこの景色が見えたときは本当に感動したよ。
天気がいいときに見てみたいけど、今の自分の中では
これがまさに理想の景色(西村京太郎サスペンス見すぎ?w)

さらに、五能線の踏切から鯵ヶ沢方面を見ると…
五能線 仙北岩隧道
なんとも魅惑的なトンネルがあるじゃあ~りませんかぁ
短いトンネルの向こうにもう1つトンネル…。

こんなに誘惑だらけの区間なのに、おととい(4/29)の
リゾートしらかみ5号に乗って通ってきたときの記憶がない
ってのは、展望席にいなかっただろう。少し後悔…。

過ぎてしまったことはしょうがないってことで、撮影に没頭。

まずは深浦方面、弘前行きの1番列車[521D]を動画撮影。
どうやって録るか悩んだ挙句、サスペンスドラマを意識してw、
日本海と五能線が一緒に写るようにしてみた♪

トンネル前の警笛を含め、結構いい感じに録れて感激。

これを録った後、次の列車までは1時間くらいあるので
一度森山荘に戻り、朝食をいただくことにした。

森山荘の朝食で覚えていたのは、普通に和食だったこと。
(当たり前すぎてすみまちぇん…)

さて、次なる撮影時間が待ち受けるので、舞ティを連れて五能線の踏切へ。

今度は東能代方面への2番列車。
撮ってはみたものの、未だにデジイチの使い方が下手なので
下のようなブレブレ画像になってしまった…。
仙北岩隧道から現れた五能線 東能代方面への2番列車① 仙北岩隧道から現れた五能線 東能代方面への2番列車② 仙北岩隧道から現れた五能線 東能代方面への2番列車③
仙北岩隧道から現れた五能線 東能代方面への2番列車④ 仙北岩隧道から現れた五能線 東能代方面への2番列車⑤ 仙北岩隧道から現れた五能線 東能代方面への2番列車⑥
まだまだテク不足のようでつ…。

舞ティと日本海のコラボで記念撮影し、
そろそろ出発の時間も近づいてきたので森山荘へリターン。
荒れた日本海と舞ティショットw

部屋に戻り、荒れた日本海を見ながら支度をする。
まだまだ旅は長いのだ!

森山荘の前とフロントで記念撮影を済ませ、ブンちゃんにて出発
我が家の王子&姫と森山荘の熊の剥製

この頃、時間は9時過ぎ?くらい。
実は、事前に携帯で五能線の時刻を調べていたのだが、
鰺ヶ沢方面の普通列車が森山荘付近を通るので、
みんなが乗っているブンちゃんを踏切前に止め、
数分後に警報器が鳴り出したので動画撮影開始

無事に撮影できたのがこれw

3両編成の普通列車だった。

この場所、踏切がなかったら最高のロケーションなんだけどね~。
でも、ガンガラ岩とか森山荘に行けなくなっちゃうから踏切は必須だw

ブンちゃんに戻り、車内で待っている我が家族、嫁の両親、
すんずちゃんにお詫びしながら(苦笑)改めて出発!

踏切を渡り、前日来た十二湖方面へは行かずに左折。
その方向には、五能線のトンネルと今通る道路のトンネルがある。
トンネル好きならこっちから行くしかないってわけでねw

ちなみにこの道、国道101号線の旧道と思われ、
現国道101号線には2車線の立派なトンネルがある。

五能線のトンネルを眺めながら、旧道のトンネルを通る。
写真こそないけど、なかなかいい感じの場所でした。

トンネルを越えてから国道101号線に合流、津軽半島方面を目指す。
これから先、いろいろイレギュラーな出来事があることも知らずに…w

深浦付近まで来て、マックスバリュを発見し迷わず入る!
これからの旅でお世話になるものを多々購入し、お店を出ると…

何やら十二湖方面からこっち方面に五能線が来るではないかぁ!
ってことで迷わず持っていたカメラでパシャ♪
マックスバリュ深浦店を出発する際に再び出会った2番列車① マックスバリュ深浦店を出発する際に再び出会った2番列車②

ここで写真を撮ったことが、このあとの旅行の日程を
狂わせることになろうとは…俺以外は知らない(苦笑

五能線が走り去り、他のメンバーもお店から出てきたところで
再度出発!一路津軽半島を目指すのだが…。

自分の頭の脳裏には、さっきの五能線が浮かんでいる…。
マックスバリュー前を五能線が通過したのが数分前…
ってことは、同じ方向に走っていれば出くわすのでは?とw

北方面に走ってしばらく、案の定並走する五能線の線路上に
さっき見た普通列車を発見!
嫁に頼んでビデオカメラで追いついた様子を録画開始w

いや~見つけてしまった…
ということは、どこかで撮影したいっ!という気持ちで
いっぱいになる自分がいる♪(爆

そのことをみんなに話し、了承を得www、
そしてまずはその普通列車を追い越し先行する。

このとき走っていたのが千畳敷駅の手前だったので、
千畳敷駅の広場に車を止め五能線のホームを目指す。

そしてホーム入口に立って数分…いや1分以内かもしれない!
普通列車の姿が見えてきた。すかさずHD動画で録画開始!
ズームしながら入線してくる普通列車に焦点を合わせ、
近づいてくる車両に合わせながらズームアウト。

間違いなく上記操作をやっていたはずなのに、
近づいてくる車両に対してさらにズームインしてしまった(汗

動画を見れば判ると思うが、間違いなく失敗…
いや、自分はビデオカメラの誤動作だと思うのだけど…
間違いなくズームアウトしたはずなのに、なぜズームイン!?
どうなんだ、VICTOR Everio GZ-HM570よ!!!?

まあ過ぎてしまったことはしょうがない…。
車に戻り、すぐさま出発。次なる撮影を探すために…
(ォィ、本来の旅行はどうなったんだよ?(苦笑 )

千畳敷駅前を出発したブンちゃん(車)は、五能線を再度先行する。
しかしさすがは鉄道。
しばらくすると、前方に障害物がないのでどんどん進んでゆく。
すっかり先を越されたブンちゃんは、前方を走る車につかまり
もはやこれまでか…と思われたが、相手は単線を走るローカル線。

どこかの駅で数分以上の停車はないかなぁ?と思ったら、
「北金ヶ沢」で4分止まることがわかり、再び先を進むことが出来た。

しかし、千畳敷から並走していた五能線のいい撮影場所が見つからず
さらには国道からは離れていくのがわかったため、途中国道から
五能線のほうへ近づいていく道へチャレンジして進む。

その道を進みながらナビを見ていると、陸奥柳田という駅があるではないかぁ
これはチャンス♪と思い、駅付近に車を止め、またもみんなを
車に置き去りにして撮影へw

陸奥柳田駅は、道路より少し小高い場所にあるようで、
ホームへの入口は階段があり、階段下には待合室があった。
やはりすぐに普通列車が来るようで、待合室には数人のお客さんが座っている。

ホーム手前、線路と同じ高さより録画準備。
そして…数十秒後に再び現れた五能線 普通列車。
今度は慎重にズームインからズームアウトへ…。
列車との距離感があまりにも近かくて焦ったが、
今度は間違いなくズーム機能が動作した。

ホームに入線していく五能線普通列車。
もうちょっとで車輌がファインダーからいなくなる。 これで撮影成功だ♪
そんなことを考えながら、カメラは振り返らずに
ホームに入線が終わるのを見届ける予定だった。

しかし…

ホームに全ての車輌が収まる前に普通列車は停車、最後の1両を残して…。
その最後の車輌がファインダーの中から消えずに停車してしまったのだ!
何故ホームからはみ出る!!!?…と悩んだが、答えは即わかった。

実は…最後の1両は、回送扱いでした…(泣
だから車掌さんも3両目でなく、2両目の車掌室から顔を出していたのだw
納得しながら今度はホーム側へカメラを向け、
3両全て収まらない状態で録画開始。

この映像を見れば、最後の車輌が回送というのがお分かりいただけようw
そして陸奥柳田駅を発車していく普通列車…。
はぁ…今回も完璧といえる動画を録ることができなかったと少し
後悔しながら車に戻り、これで鉄撮影は終わりと皆に告げた。
(実はまだあるのだが…w)

鉄の気分を減らし、いざ出発!
前日に通った道をひたすら戻る。
途中まで先ほどの五能線 普通列車と並走するが、
鰺ヶ沢駅付近では国道と五能線が離れるため、
もう出会うことはないだろうと思っていた。

…が、前日、日本海に面したローソンで休憩のためにために立ち寄り、
駐車場から日本海側を眺めると、なんと五能線の線路が眼下にあるではないか!
すぐさま携帯で、普通列車の鰺ヶ沢駅の出発時刻を確認すると
発車時刻までまだ時間があることが判明!

こうなると鉄分復活♪またもみんなに了承を得て、とりあえずローソンを出発。
五能線沿いに下りられないかと、ローソンを出て左折し、野路路を越え、
五能線の橋を越えると左側が何やら騒がしい。

警備員の人が車を誘導している先を見ると…
「わさおの家」
!!?マジ!?あのブサかわいいで有名なわさおの家!!?

しかも、奥の人だかりの先に、デカメの犬とおばさんがいる!!

そう、わさおとあのおばさんだぁ!!!

思わず車内のみんなもテンションが上がるが、五能線までの時間がない!

警備員が誘導している左側に、五能線の線路沿いに降りれそうな道があるので、
警備員に事情を説明し、その道を下りていった。
(わさおにはあとで会えるだろうと思っていたし)

道を降りるとすぐに左側に五能線の線路が見えてきた。

道の右側に車を停められそうなスペースを見つけたので
車を停め、みんなを置いて、外に出た。

外に出ると、予想外のことが待っていた…。
それは…強風雨

これがマジ半端ない!
まるで、スキー場で吹雪に合っているときに顔に打ち付ける雪のようなのだ
痛さに耐えながら三脚を立て、五能線のビデオ撮影準備に挑む。

三脚を設置して待っていると、一応台の軽トラが下りてきた。
さぞやその軽トラの運ちゃんは熱心な鉄道マニアと思ったことだろうw
少なくとも、自分が軽トラの運ちゃんならそう思うさ。

でもこれから先、五能線から離れるとあって、意地でも録りたかったからね。
軽トラが走り去って数分後、ついにきたー!!!
本日5度目(しかも同じ列車w)の五能線普通列車!
レンズに雨が打ち付けられながら、後半は雨でピントが微妙にぼけながらも
なんとか撮影できた。その決死の動画がこちら。

撮影の必死さが伝わると思います…
打ち付ける雨で顔が痛かったし、ビデオカメラも自分もびしょ濡れだったし…(汗
これぞ西村京太郎サスペンスとかに使えそうでしょ!?
(西村さん、第2の五能線のドラマ作って動画を使ってくだせぇwww)

撮影後すぐに車に戻り、アララ…というみんなの顔が突き刺さったw
ちなみにさっき通った軽トラは、後ろの荷台ににワサオを載せていたようで、
気づかなかったの~!?とびっくりしていた。
そりゃー鉄撮に命かけてましたからねw全然気づきませんでした(爆

さて、ここからブログの進行速度が速くなるはずっ!
というのは、鉄ネタが少なくなるから♪
でも手は抜きませんよ~(苦笑
スポンサーサイト



← 【写真UP完了】 GW北東北旅行記 - 5/2(月) 津軽半島へ(わさお~階段国道~蟹田) - | Home | 京急フェスタと、さようなら…F-05D…(泣 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

なんだか。。。

やはり、東北の画像は、寒さが厳しい感じがして
いいよね~v-218
同じバージョンの夏版も見てみたい!
編集大変だったのでは!?お疲れ~。



>フランソワーズ

5月でもやっぱり寒かったよ。
とくに強風に打たれながらの撮影は吹雪のときに
顔に当たる雪を思い出した…(汗

たしかに夏も行きたい!!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。