スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



地元の祭り

2006/08/06 23:48
昨日の花火大会に引き続き、今日は地元のメインお祭りデー。
近所を山車やみこしが通ってにぎやかにはなるが、
一番盛り上がるのは夜らしいので家族総出で行ってみることにした。

夜、神社の前の通りは片側の車線がつぶされており、
神社へ向かってみこしや山車がゆっくり進んでいた。
夜に盛り上がる地元のお祭り

このとき思ったのは、今までみたみこしの中で一番激しい担ぎ方だったこと。
始めは普通だけど、途中から上下に激しく揺らしながら担ぐのである。
最後にはみんなでスクワットしながらジャンプして担いでる感じで、
タイミングがあわないと転ぶ人まで続出する状況。(うまく説明できなくてすみません)
この迫力にはしばし唖然とした。

みこしを見ていて思い出したことが一つ、
赤子参りという赤ちゃんをみこしの下にくぐらせると丈夫に育つみたいな儀式があるのだぁ!
これは風邪っぴき舞ティをくぐらせなければと、お祭り関係者の方にお願いしたところ
「いいですよ」との返事!

みこしが本殿へ戻ってきたあと、赤ちゃんをみこしのをくぐらせる赤子参りが始まった。
今回は赤ちゃんが4人くらいいたが、舞ティはなんとトップバッター♪
みこしの担ぎ手の人に抱かれ、みこしを担いでるときの掛け声でくぐっていった。
みこしの下をくぐる舞ティ♪
くぐる最中は泣かなかった舞ティだったが、自分のところに戻った途端に泣きだした(笑
でも舞ティもよく頑張ったし、念願の赤子参りができたといことで
今日は特別な一日になった。
スポンサーサイト



← そうだ、博多へ行こう! | Home | 横須賀開国祭花火大会 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。