スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



河口湖&絶叫ツアーのたび - 2日目

2010/04/24 02:14
今更富士急絶叫ツアーの2日目を書いてみるw
翌日は富士急ハイランドの巻ってことで、絶叫ツアーメインの日である。

天気は予報だと午前中は曇りで午後からは雨で、気温も低いという。
そんなことはよそに、まずはフジヤマへ。
待ち時間は約1時間半。この感覚が久々だw
寒さに耐えながら待つこと1時間半…。

ついにフジヤマへ乗るときがやって来た…。
なんだかんだ、ジェットコースターに乗るのは1年ぶりくらい…。
(実は去年、家族で西武園遊園地に行ったとき、
ジェットコースターに乗っているのだ)
でも、あのカタカタ音を立てて昇ってゆく距離が長く、
みるみるうちに最上部が近づき、見たこともない高さに絶句
そして最上部から下るまでのあの区間…
惰性で下るから、そんなにスピード出ないだろうと思っていたら、
そんな予想は見事に外れ、予想以上のスピードで降下ポイントへ

そして…
「ギャーー
一番最初の一番恐怖であろう降下ポイントを下る

下ったあとは一気に上り、2番目の降下ポイントへ…。
正直怖かったけど、1番最初の効果と比べたら
そんなに怖くないかな。(それくらい、1番最初のはこわかったのだ)

3番目・4番目の降下ポイントへと続き、
4番目の降下中にある撮影ポイントでカメラにポーズをとるw

後半になると振動が凄く、シートのいろんな場所に手足を
ぶつけまくった気がする…。
後半も気を抜かないで乗りましょう

そしてフジヤマ終了…。
正直絶叫度も凄かったけど、寒さも凄かった…。
この時期こういう系に乗るときは暖かい服装で

フジヤマのあとは、違うグループでゴーカートを乗りに行った。
いやぁ~フジヤマなんかと違ってとても落ち着く…。
ただやっぱ寒いけどwww

ゴーカートのあとは処刑の館へ。
ここもゴーカートに続いてあまり並ばない穴場的アトラクション。
真っ暗な部屋でヘッドホンを付けて処刑の音だけを楽しむのだが、
何が一番はまったかって、アトラクションが始まる前、
ヘッドホンを付ける際に聞こえてくる
「赤いほうが右、赤いほうが右ですよぅ~」
と何度も続く老婆の声がマジ笑えたwww
(会社でも先輩とよく真似して言ってるし(爆 )
富士急に来た際にはこの老婆の声を聞くためにも是非「処刑の館」へwww

さてランチタぁイ~ムってことで、食べる場所を確保するが、
食べ物を買うまでにも1時間という待ち時間が付いてくるため、
富士急内で食べるのを断念

とりあえずもう1つ乗りたい絶叫マシンとして、ドドンパを並ぶことに…。
待ち時間は1時間半~2時間…。
寒さに耐えながら並ぶのだが、天気もこの頃から小雪が舞う事態に
絶叫系は、天気が悪くなると中止となるのがオチなのだが、
なんとか乗ることができた…ホッ…。

ドドンパへ乗る直前!>
これは富士急で唯一撮った写真
しかし、乗るということは恐怖もやってくるってことで、
そのときはやってきた…。
スリー、トゥー、ワン…発射
2秒にして172キロの世界へ=======
そして垂直上昇・垂直落下…。あっという間の出来事だった
正直言うと、一番最初の出だしの速度がガチヤバイっ
なんていうか…シーパラのブルーフォールの横版というか…。
垂直上昇・落下よりも怖かった…。でもまた乗りたい
こうして、富士急ハイランドの絶叫ツアーは終わったのだった。

帰りに中央高速の談合坂SAで噂の
富士山メロンパン(マウントメロンフジヤマ)を3つもゲット
マウントメロンフジヤマ
とても美味しくいただきました~。

にしても、今までの社員旅行の中では一番体力を消耗した旅行だったなぁ
スポンサーサイト



← 大凶 | Home | 河口湖&絶叫ツアーのたび ※超長文注意 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

好きなんだ!私は歳と共に乗れなくなってきた。アッキーの姿が目に浮かぶ。



>おっぺけさん

学生時代はよく乗っていたんです。
最近は乗ってなかったのでビビッてはいたんですが、
とりあえずはまだ大丈夫そうですw

ちなみに凄い顔した写真があったりしますi-229



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。