スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/8/15 S.O.S 最終日 & 黒部ダム

2007/09/23 23:03
5時半過ぎ ついに最終日。5時半過ぎに起きたが、そのまま起きていたかは不明…。
     8/15 5:45 最終日の朝は少し曇り状態


7時前  栂池高原スキー場をバックに、ハッピープッチンプリンを撮影www
     8/15 6:56 栂池高原とハッピープッチンプリン♪(爆

     麻婆春雨を作り、朝飯を食べて帰る準備開始
     たくさんの荷物をまとめ、テントをたたむ。
     このとき、テントをたたむのがけっこう大変かなぁと思ったら
     折り畳み傘のように案外あっさりたたむことができた。
     我ながら感動する(爆
  
     荷物をキャスターに乗せ、巨大リュックサックを背負って
     ついにテントサイトを出発。
     隣の区域にテントを建てていた、原宿で美容室をやっているという
     グループにも「お疲れさまです」と挨拶をし、その場を去る。
  
     ここへ来るときに壊れ、なんとか直ったキャスターを
     慎重に引っ張る…。(キャスターはいい感じにゆがんでる状態…)
  
     出店の前を通り、ムーンサイトを通って会場入口方面へ。
     ムーンサイトも通路にまで人がはみ出るほど
     最後の盛り上がりを見せていた。
     8/15 8:07 最後の盛り上がりを見せるムーンサイト

     最後の難関、シャトルバス方面への上り坂を通り、
     なんとか乗り場へ到着。うーん、荷物重かったよ…。
  
     今日は昨日と違い、シャトルバス乗り場は整列されていた。
     そしてバスも思ったより早く来た。
     バスに乗り、係員のおっちゃんに荷物を乗せてもらう。
  
     そしてバスが会場を出発。いやぁ、本当に疲れた…。
     でもいろいろあったけど本当に楽しかったよ。
  
     数十分後、第1駐車場に到着。
     荷物を降ろし、車へ積んでゆく。
     行きよりも少ないはずの荷物が、車への積み方のせいか
     あまり変わらない…。相変わらず助手席にも荷物の山だし…。
     数十分後、やっとのことで駐車場を出発。
  
     一路黒部方面へ
     その前に白馬駅とGUSTOの間辺りにあった出光でガソリンを給油。
     東京で入れたガソリンは、残り1目盛りを切っていたからねぇ…。
  
     R148を松本方面へ戻り、青木湖を超えたあたりで右折。
     ここまで、途中ところどころに渋滞が…。
     まあお盆という時期だからかなぁと思われ…。
  
10時半過ぎ 黒部方面へしばらく走っていると
     なにやら検問のように車を止めている場所が…。
     すぐに予想はできた。
     お盆だから、黒部の玄関口である扇沢の駐車場が
     いっぱいなのだろうと…。
     案の定そうだった。扇沢は満車なので、臨時駐車場へ
     車を止め、そこから無料のシャトルバスに乗って
     扇沢へ向かってくれとのことだった。
  
     シャトルバス…なんだか懐かしい響きwww
     そんなことを考えながら、臨時駐車場に車を止め
     必要な荷物を持ってシャトルバスを待った。
     8/15 10:49 かご川臨時駐車場にてシャトルバスを待つ

     にしてもここっちシャトルバスは大型観光バスだから大きい…。
     それに比べると、S.O.Sのシャトルバスはマイクロバスで
     しょぼかったなぁなんて思ってしまった(爆
     しかもこっちは完全無料だぜ…。
     もうちょっと金かけろよ>Motherとまで思った。
  
10:50頃 シャトルバスに乗り込み、なんだか別のツアーに
     参加しているかのような感覚でテンションが上がる。

     シャトルバスで20分くらいかな?扇沢駅に到着。
     なんだか黒部・立山への玄関口と思っただけで、テンションはかなりハイだった。
     バスから降り、黒部ダムまでの関電トンネルトロリーバスチケット往復券を購入。
     と、チケットを頼んでいる最中に嫁さんが黒部ダムに遊覧船があるよと一言。
     え?あるわけないじゃんと思ったら、ありました!
     ってなわけで、遊覧船のチケットも併せて購入した。
     トロリーバスの発車時間は11:30。
     そんなに待ち時間もないので改札口への列に並んで待つ。
     5分前くらいに改札口が開き、順に乗り場へ向かう。
     そこで見たものは…
     架線にトロリーがついているバスの列!(そのままじゃん…)

     不自然なバスに違和感を覚えながらも、数台あるいずれかのバスに乗り込んだ。
     中は普通のバスといった感じ。
     お盆のため乗客が多かったけど、バスの席は座ることができた。
11:30  バスが発車した。乗っている感じも
     やっぱり普通のバスと変わらない感じ。
     発車してまもなく、勾配を登り、いよいよトンネルへ。
     このトンネルが長い長い。車内ではトンネルの生い立ちや、
     破砕帯区間についての説明がアナウンスされていた。

     トンネルのところどころ、破砕帯によって工事が難航した場所に
     それがわかるマークが印されている。

     しばらく走ると、黒部ダム方面からくるバスと行き違いのため、
     引込線のような場所で待ち合わせをするらしい。

     今走っている道路は電車でいうと単線のようだ。
     道路が2車線になっている部分があり、そこで停車した。

     何分か後、ダム側からやってきたバスが反対車線に入ってきた。
     どんどんバスが入ってくる。鉄道に例えると、6両編成以上はあった気がする。
     全てのバスをやり過ごし、しばらくしてから発車した。

11:50頃 黒部ダム駅に到着。
     駅はトンネルの中にあるのだが、バスを降りたときの予想以上の涼しさに感動。
     バスの前で記念撮影をし、出口へ向かった。
     8/15 11:51 関電トロリーバス@黒部ダム駅にて

     ここから展望台までは200段以上の階段を上るらしく、
     嫁さんが舞ティを抱っこ帯に入れて行動。
     8/15 11:57 黒部ダムの展望台に向け、220段の階段を登る

     階段の途中、湧き水の案内が。
     その水は飲めるらしく、飲んでみるとこれがまた冷たくて美味しい
     自然の恵みに感謝といった感じで、展望台を目指し階段を上り続ける。

12時過ぎ ついに階段を上りきりトンネルを出ると…。
     うぉー、絶景が目の前に広がる。
     切り立った岩肌をむき出しにした山や、立山連峰が望め、
     まだ雪も残っている部分もある。
     8/15 12:03 展望台へ行く途中から見える岩山(赤沢岳?) 8/15 12:04 黒部峡谷方面を望む

     トンネルを出て左へしばらく行くと、ついに展望台が。
     その展望台から下を見ると…
     8/15 12:09 展望台から見た黒部ダム!

     キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
     大スケールの黒部ダムでっすー
     いやぁマジでスゴイ
     他のダムも色々見てきたけど、黒部ダムのスケールは大きすぎるね…。
     呆気に取られてしまうずら…。

     来た甲斐があったって感じだろうか。
     プロのカメラマンにデジカメで記念撮影を撮ってもらい、
     もちろんプロに撮ってもらった写真もゲット@1,000円也
     しばらく黒部ダム周辺の絶景を記念撮影したのち、
     13時出発の黒部ダム遊覧船乗船へ向けてダム方面へ。

     展望台からはひたすら階段を下るのだが、この階段が長くて長くて…。
     これを引き返すのかなぁと考えたら気が遠くなってしまった…。
12:24頃 結構階段を降りた辺り、
     ダムを作るにあたって使用したコンクリートパケットを撮影。
     8/15 12:24 黒部ダム構築用に使用されたコンクリートパケット

     この辺りから、ダムの水を放流している部分に
     一番近いといわれている新展望台へは行かなかった。
     また階段を下るのもあったし、嫁さんが舞ティを抱いていたしね…。

12時半頃 売店やレストランがあるダムレストハウスに到着。
     ここでは、舞ティのお昼用に信州名物のおやきを購入。
     これが結構美味しかったりした。

     さて、なんだかんだで遊覧船に乗ろうとしている時間が近づいている…。
     あと30分しかないのだが、黒部ダムの端から端まで
     歩かなきゃいけないので、結構距離があるのだ…(汗

     ダム堰堤を観光しながら、早歩きで目的地へ向かう。
     # 観光放流の影響で、いい感じに虹が見えたぜぃ
     8/15 12:35 黒部ダムの観光放流によってできた虹

     ダム堰堤を歩き終わり、トンネルが現れた。
     またこのトンネルがものすごく涼しいのだぁ
     トンネル内には黒部ケーブルカーの駅「黒部平」がある。
     時間があったら立山連峰方面へ行きたいなぁ…なんて思ったけど、
     当然時間はないので諦めて遊覧船乗り場方面へ。

12:50頃 ようやく遊覧船乗り場へ到着。
     さて13時出発のに乗るぞー…って思ったら、
     乗車券のほかに整理券持ってる?と聞かれ、
     そんなの持ってないと伝えると、お盆で混んでいるため、
     遊覧船チケット売り場で整理券を貰わなきゃいけないらしいのだ!!
     しかも13時の便は終わったらしく、次の便の整理券をもらって
     待合室で待つことにした。
     あぁ、間に合ったと思ったのにーーー((o(>皿<)o)) キィィィ!!
  
13:15頃 遊覧船でいい席を取るため乗り場で待つことにした。
     炎天下だったが、そこは我慢!
13:25頃 乗り場のゲートがオープンし、
     遊覧船の乗り場近くまで階段を下りる。
     そして遊覧船「ガルベ」もやってきた。
     8/15 13:28 黒部湖をより身近に楽しむ黒部湖遊覧船「ガルベ」
  
     乗り場のちょっと手前で遊覧船から降りてくる人をやり過ごすまで待つ。
     やっとのことで遊覧船へ乗船。
     なんとかいい席を取ることができた。
  
13:40頃 ガルベが出航♪
     黒部ダムの周辺の景色についてのアナウンスを聞きながら
     遊覧船はダムから離れていく。
     出航してまもなく、ふいに右側を見ると…
     8/15 13:41 遊覧船から見えた立山ロープウェー断崖絶壁の駅「大観峰」

     遠くではあるが、立山連峰の急斜面の岩場に立山ロープウェーの
     「大観峰」駅があるではないか
     NHKのプロジェクトXで見たままの景色に大興奮&感動の嵐だった。
     8/15 13:58 遊覧船から黒部や立山連峰の景色を堪能する

  
     30分かけて遊覧船は黒部湖を1周し、14:10過ぎに湖岸へ到着。
     遊覧船から降り、階段を上っていると…
     舞ティの靴が1足ないではないか
     ここでもう一度遊覧船に乗り、デッキで靴を見つけた(´▽`) ホッ
  
     チケット売り場を過ぎた辺りで自分の実家へFOMAでテレビ電話を
     かけてみたら、けっこうこっちの景色が綺麗に見えたらしく
     けっこうテレビ電話も使えるなぁなんて思ったりしたwww
     その辺りの景色がこれ↓
     8/15 14:22 遊覧船乗り場付近より、黒部ダム方面を望む

  
14:27  ケーブルカーの駅「黒部湖」で記念撮影をしてダム方面へ。
     8/15 14:27 立山ロープウェーの黒部湖駅

     行きよりはダムの堰堤をゆっくり歩きながら観光する。
14:45  ダムレストハウスへ到着。
     ここから帰りのトロリー乗り場は来た道の階段を
     上るわけではないと知り、かなりホッとした。
  
     レストハウスで黒部ダム限定の「山いちごソフトクリーム」と
     またまたおやきを購入し、いざトロリーバス乗り場へ。
     8/15 14:50 黒部ダム名物「山いちごソフトクリーム」 8/15 14:54 信州名物「黒部おやき」

     嫁さんは舞ティを担いで先に進んでいた。
    
     ダムハウスレストランの横にある
     トロリーバス乗り場へ続くトンネルをひたすら進む。
     若干上り坂で、最後に上り階段が待っていた。
     嫁さんが舞ティを担いで先に行ったと思うと
     何だか申し訳ない感じ。>Thank 嫁!
  
     階段を上りきると、トロリーバスの改札口前に出る。
     改札口前では、たくさんの人が改札が開くのを待っていた。
     ここで嫁さんと合流。
  
     待っている間、ソフトクリームとお焼きを食らいつくwww
     (ソフトはトンネルを歩いてる時に少し拝借していたけど…)
     ちなみに山いちごのソフトクリームは、甘酸っぱさが冷たさと
     いい感じにマッチしていて本当に美味しかった
15時過ぎ(?) 改札が開き、いざトロリーバスへ乗車
     さすがに今回は待っている列の後方だったらしく、
     座席に着くことは出来なかった。
     まあ立っていても十数分だし、我慢することにした。
  
15:05  トロリーバスが発車。
     トンネルの中を扇沢方面に向かってひた走る。
15:21頃 扇沢駅に到着。
     8/15 15:18 関電トロリーバスのトロリー@扇沢駅 8/15 15:19 関電トロリーバス@扇沢駅

     ここでトロリーバスをまたしても撮影し、
     かご川臨時駐車場行きのシャトルバス乗り場へ急ぐ
15時半頃 シャトルバスへ乗車。臨時駐車場へ向かう。
     8/15 15:33 シャトルバス車内にて

     十数分後、臨時駐車場に到着。
     車に乗り帰宅の途へ。
     でもこのまま帰るのももったいないってことで、
     大町へ出る途中にある大町温泉へ行くことにした。
16時頃  大町温泉郷「薬師の湯」へ到着。
     8/15 16:01 大町温泉「薬師の湯」へ
  
     入浴の用意をし、薬師の湯のロビーを入るが
     舞ティのお尻から香ばしいニホヒを感じ、
     すぐさまロビーで舞ティのオムツ替えを決行
     (大量でした…。)
  
     今回も嫁さんに舞ティを入れてもらうことにした。
     ロッカーに荷物を入れようとし、ロッカーを開けると…
     あ、またしてもS.O.Sのバンドを発見
     ここもS.O.Sに行ってた人が来たんだなぁと納得した。
  
     そしてやっとのことで温泉へGo
     さすがは大町温泉郷のメインということもあって中はかなり広い!
     お湯はけっこう熱かったのを覚えてるが、お湯の色が
     前に行った二つの温泉の茶褐色系ではなかった気がする。
     露天風呂もあり、かなりゆっくりすることができた。
  
     温泉を出て嫁さんと舞ティを待っている間はコーラで一服
     (運転があるからね)
     嫁さんと舞ティが戻ってきて、しばらくくつろいだ後
     ロビー内にあるお土産コーナーへ。
     何気にここでけっこうお土産を購入したのを覚えている。
  
     お土産も買ったし、さぁ帰るぞ~~
     ってことで、車に乗り込んだ。17時半過ぎ、薬師の湯を出発。
  
     豊科方面へ向かって川沿いをひたすら走る。
     時間的には夕方ってことで、北アルプス方面に目をやると
     雲の隙間からいい感じに太陽の光が。
     8/15 18:19 北アルプス方面の雲の隙間から差す太陽の光

     そして目の前(松本方面)はものすごく巨大な入道雲
     8/15 18:05 松本方面へ見える巨大な入道雲

     現地では大雨とかで大変なんだろうけど、
     ここから見る入道雲はとても綺麗だった。
  
18時半前?お腹も空いたしご当地飯食いたいし。
     ってことで、豊科I.C.から程近くにある
     信州そば屋「そば圧」へ
  
     お店はまだ混む時間でないらしく、とても静かでいい感じ。
     メニューから選んだのは、とろろそば2枚と嫁さんが角煮うどん。
     長野県にしかないそばチェーン店ってことで、期待が高まる。
  
     そしてついにそばとうどんが到着
     (写真は後ほど…)
     さてお味はというと…。

     ヤヴァイっす! めっさ劇美味じゃ~~~~~ん
     家では作れないであろうダシの効いためんつゆがたまらない!
     そして嫁さんが頼んだ角煮うどんの角煮もマジうま
     とにかくダシを含め、何もかもがマジで美味かった。
  
     帰りにそば圧にあるお土産屋で安曇野のガイドマップを購入し、
     いよいよ帰宅の途へ。
  
     さて、帰りの道を上信越道か中央道にするかの分かれ目である。
     でやさんは昨日、上信越・関越道で帰ったというが…。
  
     豊科インターにある渋滞情報によると、中央道は
     岡谷と上諏訪の辺りで渋滞と書いてあるだけだったので
     中央道で帰ることにした。
  
     岡谷のジャンクション手前までは順調だったが、
     ジャンクションを過ぎて中央道に入ると断続渋滞となった。
     諏訪サービスエリアを越えると渋滞は解消し、順調に
     中央道を進む。途中小淵沢付近でかなり凄まじい通り雨に
     ぶち当たったが、数分後には止んでしまった。
  
     このまま中央道で帰るのは普通なのだが、
     ETCを使用している場合、22時以降に100キロ以内でインターの
     出入りがあれば、高速料金が半額になるということもあるので、
     姉に電話して八王子からこっち方面で100キロ以内ギリギリの
     インターを教えてもらった。
     (24時以降なら距離に関係なく3割引だけど、
     八王子出るのに24時は越えないだろうからね)
     そのインターが「韮崎I.C.」で、八王子・韮崎間は約100キロ弱。
  
     というわけで一度韮崎インターで降り、
     Uターンして再度韮崎インターで乗ることにした。
     ここから先は渋滞はなかったけど、どうやら先の小仏トンネルと
     八王子インター間が渋滞しているらしい。
  
     八王子22時過ぎに通過を目標とするため、
     途中談合坂S.A.で時間調整をすることにした。
21:15頃 談合坂に着いた。
     30分弱ばかり車でくつろぎ、21:40過ぎに談合坂を出発。
     もう渋滞は解消したらしく、22時過ぎに八王子インターを通過。
     目的のインター国立府中で中央道を出る。
     そして22時半頃に実家へ到着。
     こうして8/12からの3泊4日の旅は幕を閉じたのでした。

ってか、箇条書きで今まで書くつもりだったのに、
けっこう事細かく書いてしまったことに、かなり苦笑い…(;^_^A
何はともあれ、最後までお付き合いしていただいてありがとうです

もうこのような日記は書かないでしょう(爆

あ、まだグアムのお土産話があった…
スポンサーサイト



← S.O.S 2007&黒部旅行日記書きました。 | Home | 2007/8/14 S.O.S 3日目 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

長~い長~い楽しい旅日記
読みましたよ
若いっていいなぁと思いました

黒部は本当に圧巻だったでしょ
思い出します

遅まきながら、お誕生日おめでとう



>mimi

日記読んでくれたんだねー。
ありがとーi-199
もっと若いのはたくさんいるけど、
まだまだ負けないよi-234

黒部ダムは本当に最高だったi-237
mimiも行ったんだねー。
今度は立山連峰を越えたいよi-259

誕生日コメントThank You!



Trackback

Trackback URL:

マイクロバスマイクロバスとは、日本においては小型のバス (車輌)|バス(中型自動車)のことを指す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL  [続きを読む] バストラック・ブランド最新情報 2007/09/29 16:27
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。