スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



社員旅行

2007/02/06 18:00
楽しかった社員旅行。最後にオチはあったが…。

- 1日目 -

東京駅で集合したわが社員は東北新幹線にて一路仙台へ。
今回の社員旅行の目玉といったら、
Maxやまびこ号で全員2階のグリーン席♪

いやぁこれは快適♪
あのゆったりさにはまると普通席には座れなくなる!
…というのは冗談だけど、そのくらいまたぁりできた。

仙台に到着後、ここからは全員が自由行動。
自分は後輩たちとレンタカーを借り、蔵王のお釜へ向けて出発。
仙台から東北道へ入り、蔵王周辺である村田I.C.で降りる。

インターから蔵王エコーラインを目指すわけだが、
途中から気になる看板が…。
「スキー場から先は冬季閉鎖」
…うーん、これは多分無理かなぁ…と思いつつもスキー場までは
行ってみることにした。

みやぎ蔵王こけし館付近を通り、いよいよ蔵王エコーラインへ。
今までは雪が道路脇に軽く積もっている程度だったが、
この辺から道路も雪に覆われ始めた。

しばらくエコーラインを進み、右に峩々温泉という看板が
気になりながらもまっすぐ進む。

途中で視界が広がったので、車を止めてみた。
DSC06499[1].jpg
ここは滝野台より少し上のほう、雪に覆われた山の斜面と
反対側に見える平野の景色がすばらしい!
ただ、外はそれなりに寒かったため、寒さに耐え切れずみんな車へ。

車を走らせ、さっきの場所から数分でスキー場に到着。
通行止め(ノ_・、)シクシク
やはり、ここから先は冬期閉鎖で通行止め。
記念写真を撮り、お釜へ行くのをあきらめて戻ることにした。
でもこのまま帰るのはもったいない!来る途中に温泉の案内板が
あったのを思い出し、途中帰り道を反れて行ってみることにした。

道を反れてしばらく、峩々温泉と書いてあるナンバーが「宮」の
とても古いボンネットバスとすれ違う。
これによってみんなは大盛り上がり♪
秘境系の風情ある温泉なんでないかい?と誰もが期待し始めた。

しばらく走り、温泉らしき建物が見えてきた。
峩々温泉(峨々温泉)の入口
峩々温泉(峨々温泉)だ。
入浴料は日帰りの場合一人420円。
タオルはもらえるが、バスタオルの販売や貸し出しがないため、
持ってきたほうが無難だろう。

温泉のなかはこんな感じ。
外が眺められるぬる湯 あつ湯


ぬる湯(写真左)とあつ湯(写真右)がある。
露天風呂もあったが工事中と冬のため、今は利用できないとのこと。
工事中だった峨々温泉の露天風呂

仕方なく屋内の温泉へ。
湯の花が浮き、窓の外の雪景色を見ながらの入浴はとても気持ちがいい♪
ただ熱湯が43から46度と書いてあるわりにはぬる湯と
同じくらいだったのが残念だった。
まあ日本の秘湯100選のうちの1つだし、全体的に工事をしている
みたいだったので、工事が終わればもっとよくなるかもしれない。

峩々温泉をあとにした我らは、こけし館近くにある手打ちそばで
有名な「新楽食堂」へ。
新楽食堂
ここは鴨そば・うどんが有名らしく、みんな迷わずに鴨そばをオーダー。

鴨そば@新楽食堂 太麺がたまらない♪
薄めのスープはダシが効いており、太めの麺と鴨肉
キャベツや長ねぎなどの野菜はとても相性がよく、とても美味しかった~。

はせがわ屋
食後は「はせがわ豆腐店」の豆乳ソフトクリームと豆乳ドーナツで
デザートを堪能♪ 豆乳ソフトは甘さ控えめでさっぱりしており、
とうふドーナツは食べ始めると止まらなくなるくらい美味しかった。
はせがわ屋といえばこの豆乳ソフト やみつきになるとうふドーナツ♪

我が一行は仙台まで戻る。
レンタカーを返し、ホテルのある松島へ向け、仙石線で松島海岸へ。
松島海岸からはタクシーでホテルまで行くのが普通なのだが、
ホテル方面への道が渋滞してるし、まだ時間もあるので歩くことにした。
歩いて20分くらいだろうか、やっとホテルが見えてきた。
ホテル壮観
かなり大きいホテルで、オーシャンビューの客室は松島の景色がよく見える。
7時からは宴会が始まり、カラオケやイントロなどをして盛り上がった。
カキは苦手なので食べなかったけど、牛タンシチューや海の幸など、
おいしくいただいた。

宴会後は入浴タイム♪
秘湯の温泉よりお湯が熱いのはよかったけど、
温泉だったらもっとよかったんだけどねぇ…。
部屋に戻ってからは、後輩たちと二次会が始まった。
ただ朝が早かったせいか、自分をはじめとする後輩たちが
睡魔に恐れて次々撃沈(w
夜中に部屋へ戻ってきたはじめ氏がまわりを見回すと、
自分を含めた全員が掛け布団の上で寝ていたという(;^_^A


- 2日目 -

翌朝、誰かの携帯バイブ音ではじめ氏からブーイング(w
全く誰の携帯だよ?ってことで、ハイ、私のでありました(w

DSC06573[1].jpg
窓の外を見ると辺りは一面雪で、雪も舞っていた。
今日は松島の遊覧船に乗るという目的があったので、
ちと先行きが心配だが…。

ホテルの朝食バイキングを済ませ、松島の遊覧船乗り場まで
ホテルの送迎バスに送ってもらう。

遊覧船乗り場に着いたときはまだ雪がちらついていたが、
船に乗ってしばらくすると、空から晴れ間も見えてきた。

松島遊覧船

遊覧船が出発し、デッキへ向かっていく先輩を追っかけてみると…。
目の前で繰り広げられるカモメたちのエサ取り合戦!

先輩たちがかっぱえびせんをカモメたちへやっているではないか!
出発のときにエサは出向してから販売しますというのが
気になっていたが…。

カモメと接近できるチャンスということで(w、
迷わずかっぱえびせんを購入♪

早速デッキに立ってかっぱえびせんを持ち、手を突き出してみる。
すると…

カモメに餌をあげる先輩
カモメがえびせんをダイレクトキャッチ!!
これ面白い!遊覧船の観光アナウンスをそっちの気で
しばらくやっていた。たまに指を噛まれることもあったけど…(;^_^A
他の客もカモメにエサをやっていたので、デッキから後はカモメだらけ!
カモメも必死なんだなぁとつくづく思った。

しばらくすると、なにやら暗めの大きい翼を羽ばたかせている
明らかにカモメとは違う鳥が目に映りこんできた…。

そう、トンビである!
始めはデッキの後でカモメがキャッチし損ねで海に落ちたエサを
すくおうとしていたが、しばらくするとカモメにエサをあげようと
している人たちの手をめがけて突進してくるではないか!(汗

悲鳴まで上がり、その場は一時騒然状態となる。
しかし、その状態でもトンビにエサをあげようとする勇敢な連中が数人。
先輩と後輩だぁ!(爆

トンビがいるのを承知で恐る恐る手を突き出している先輩や後輩
めがけてトンビが猛突進!
トンビが足でエサをキャッチできたのか、手からエサはなくなっていた。
お、成功か!と思ったが、先輩後輩ともに手から微妙に血が…(;^_^A
やはりトンビは恐ろしい…。

でもトンビも鳥ってことで、自分もチャレンジしてみる(爆
手を突き出しトンビを待っていると、トンビが自分の手を
ロックオンしたのか、猛スピードで飛んできた。
「うぉー!怖い」
と思いながらもそのまま手を出していると手に振動が!

そして気づいたときにはエサがなくなっていた。
手は無事か!とよく見るが傷はどこにもなく、ついに成功!!
いやぁ迫力あったけど、最高に楽しかった。

エサもなくなったので、ここからは通常にアナウンスを聞いて
写真を撮りまくった。

DSC06618[1].jpg カモメと一緒に…

遊覧船から降りたあと、一行はすぐ近くで開催しているカキ祭りへ。
松島のカキ祭り カキ~


自分はカキが食べれないので、カキ以外で堪能した。
といっても、ホットワインくらいしか飲んでないけど…。

カキ祭りを後にし、昼食をとるため仙台まで仙石線で出ることに。
このときJRは、強風の影響で遅れている路線があるらしく、
新幹線については特に何も言っていなかったので、ホッとしていた。

仙台からは十数分ほど歩き、後輩が調べ上げていた牛タンの
お店へ入る。
味太助


牛タンランチ、 牛タン4枚入りで 1600円也!
ランチタイムB定食1.5人前(牛タン4枚)@1600円なり♪
いやぁこれは美味い!やっぱ本場は違うなぁと実感した。
ってかこのタイプの牛タンは初めて食べたかもしれない。

牛タン1 麦飯2.5(細かいな…)の割合で食べていたら麦飯が
足りなくなったので、おかわりしたら腹11分くらいに…。
うん、思ったより量が多かった…。

さてお昼を食べたし、あとは帰るだけだ~ということで
とりあえず近くにあったHMVへ寄り道。

ここでいろいろ試聴しましたが、その模様は後ほど。
#久々にCD1枚買った♪

HMVを出てアーケード街を通り、仙台駅方面へ。
途中インターネットカフェが気になり、帰りの電車までまだ時間が
あるのでみんなで寄ってみることになった。

ここで問題が発生する。
東北新幹線が強風で止まっているというのだ!
確かに午前中は在来線が遅延やら止まっていると聞いていたが…、
まさか新幹線が止まっているとは…。

まあ早めに復帰することを願いつつ、ネカフェで過ごすことに…。
入ったネカフェは「メディアカフェポパイ」という全国に
チェーンを展開しているお店で、非会員制なところもいい感じ。
#すんません、あまりネカフェに入ったことないもので…。

みんな個室を選択し、くつろげるリクライニング席に。
ここで社員旅行中の記事を1つ書いた(w
メディアカフェポパイのリクライニング席

後輩たちはかなりのおくつろぎモードで、ほぼ寝ていたみたい(w

新幹線が止まっているとはいえ、一応帰りの電車の時間も
迫ってきているのでネカフェから仙台駅へ移動した。

すると…
人でごった返しの東北新幹線仙台駅の改札口
新幹線の改札は人でごった返し、大混雑状態だった…。
この状態に不安になりながらも、先に改札の中の待合所に入っている
社員たちのもとへ向かう。

社員たちを見つけると、トランプなどをして盛り上がっていた(w
JRは30分おきに風を確認し、規定の風より強いとまた30分待って
風を確認するいった具合だった。
んで何度確認しても規定以上の風ということで、
3時間前くらいの新幹線から全く動く見込みがないらしい…。

自分は本来乗るべき新幹線を待っていようと考えていたけど、
今止まっている新幹線がグリーン車以外自由席になった
ということもあり、あきらめて止まっているMaxやまびこで
帰ることにした。
(先に発車するはやては、通路もほとんど人で混んでいたし…)
まあ新幹線に乗れたとはしても、今の状況で座席をゲットするのは難しい。
ただ車内をくまなく回っていると、空いてるような空いてないような
座席というものが若干存在するわけで、こういう場合は
隣の人に聞くのが一番いい。
すると、案の定空いている座席を発見!
こうして人数分の座席を取得。あとは発車するのを待つのみ!
座ってから待つこと1時間くらいだろうか…。
やっと運転が再開されるとのアナウンスが入る。
いやぁここまで長かったよ本当に…。

まずははやてが先に発車するとのことで、ここで客席に異変が。
やまびこで座っていた客がはやてに移動したのか、
だいぶ座席が空いたのだ。
バラバラだった社員も、同じ車両に座ることができた。
そしてついに乗っているやまびこも発車。
東京まで新幹線の各駅停車の旅が始まった。
白石蔵王辺りまでは記憶があったけど、その先はダウン。
大宮辺りまで寝てしまいました。

…と、こんな感じで本当に最後のオチには参ったけど、
今回もなかなか楽しい社員旅行だった。
スポンサーサイト



← 八ちゃんラーメン | Home | 社員旅行 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。